長田龍侍設計工房

東京・神奈川 プリミティブで「モダン」な建築の設計事務所

・ホーム

・お問い合わせ

・サイトマップ

建築を考える設計の不思議取り組み作品紹介建築ができるまで

| 事務所案内

| 出版・TV・展覧会

| ブログ |

 HOME > 作品紹介 > ブーメランの家

       

ブーメランの家

ファサード
構造/ 木造2階建
延床面積/ 192.96m2 (58.47坪)

大きく刳り貫かれた丸窓があるこの家は敷地に合わせて"く"の字に曲がったブーメランの形をした建物。大地に脚をド−ンと踏み締めたような重量感があります。

二世帯住宅で親世帯の1階は土壁風の和を意識し、子世帯の2階は高さ3mの船底天井と八角柱が特徴となっています。

カーブした屋根
子世帯 リビング 外観

■ 建て主さんは
英語教室を開いたりパーティをするのがお好きで、この地域のランドマーク的な建物にしたい、というのが建て主さんのご希望でした。ある日、タクシーで帰宅した時、運転手さんから「あなたがこの家の人なの?」と言われたそうです。

前のページ 次のページ
ページトップ
Copyright (C) Ryuji OSADA ARCHITECT ATELIER, All Rights Reserved.